読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザインだけじゃない!Twittelator Neue をメインのツイッタークライアントにした理由

私が長年使っていたのは TweetList というツイッタークライアント。いくつかのリストを行ったり来たりする人にはとても優しい設計で、愛らしい鳥のアイコンも気に入っていました。

3ヶ月ほど前、メインのツイッタークライアントを Twittelator Neue に変えました。この記事を読んだからです。


Twittelator Neue が私のメインクライアントになってしまった理由。今日はそれをご紹介しましょう。


複数のリストをスワイプで行き来できる

ひとつ目の特徴は、複数のリストをスワイプで行き来できること。スワイプで操作できると、指の位置を調節しなくてもいいですよね。そこが好きなんです。

TweetList はリストだけがスワイプで切り替えられましたが、Twittelator Neue はリストに限らず、検索結果、mention、DMもスワイプ切り替え可能です。AppBankやアプリのエゴサーチをしているので、検索結果は特に嬉しいですね。

メニューバーが隠せる

Twittelator Neue はタブ風のメニューバーが画面下部にあります。このメニューバー、下にスワイプすると隠せるのです。

コツは一番上までスクロールしきっていない状態で、メニューバーを上から下へ撫でるつもりで触ります。するっと画面の下に入っていきますよ。

戻すときには下からはみ出たタブを上に引き上げればOK!全画面でツイートを眺められる快適さ。なかなかのものですよ。

チラっ!写真の表示が面白い

Twittelator Neue は写真をチラ見せします。「大きいサイズで少し」見えるのです。もう少し見てみたい!と思ってしまうんですよね。

スクロールしていると、チラ見せの位置が変わっていきます。なんとなくどんな写真かわかる。ツイッターってそのくらい気楽にやりたいんですよね。

リンク先のサイトを即表示

急に興味のある情報が流れてくるのがツイッターの面白いところ。そんな時はURLが入ったツイートをタップするだけです。ページがツイートの下にサッと読み込まれてきます。リンクタップが省略されたことで、とりあえず見ておこうが気軽にできます。

人気のツイートがわかる

エゴサーチをしている方や特定の情報を収集してリストにしている方は、きっとそのリストの中で何が一番人気だったのか、気になるはず。

Twittelator Neue は人気のツイートが一目瞭然ですよ。リスト内のツイートが一定数を超えると、top tweetが表示されるようです。



以上、私が Twittelator Neue をメインクライアントとして抜擢した5つの理由でした。

アプリをはじめてみたときはスタイリッシュさで気に入りましたが、使ってみると意外とくせのあるデザインだなとも思います。操作性も万人にオススメできるものではありません。でも、上にあげたような特徴が私にはしっくりきています。
ひとつでも気になる機能があった方はぜひダウンロードしてみてはいかがですか?


OZPAからのバトンタッチに応えられているかな…

Twittelator Neue - Twitter Client for iOS
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, エンターテインメント
販売元: Big Stone Phone - Stone Design Corp

TweetList Pro
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, ライフスタイル
販売元: Zooble, LLC - Zooble, LLC


【関連記事】

written by iHatenaSync