読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お小遣い帳アプリ MoneyTron 使用例 ~現金支出だけを管理してみよう~

Money
Money / 401K


紙の手帳を使っていた時代は、今日のセルの中にその日使った金額を書いていました。

iPhoneをもちはじめてすぐは @ttachi さんが紹介している iCompta 2 Personal Finance 複数の銀行も管理していました。ただ最初は楽しかったものの、iCompta での管理は私にとって過剰でした。


私のお金の使い方はカード払いがメイン。現金で使う金額はかなり少なくなりました。カードで使った金額は明細を振り返れば簡単にチェックできますが、現金は何に使ったのかを記録しておかないと、振り返ることができなくなってしまいます。

ということで、現金で使った履歴だけをiPhoneアプリMoneyTron で管理することにしたのです。

今日は私の運用方法をご紹介します。


MoneyTron の使い方はAppBankの記事が参考になります。


ヒトコトで言えば、iPodのような使用感で気持ちのよい記録ツールです。おこづかい帳というより進化した電卓。


さて、MoneyTron で現金支出を管理する方法をステップごとにご説明します。

財布に入っている金額を収入として記録

まずは管理をはじめるタイミングで、今財布に入っている金額を収入として記録します。これがとっても大事なポイント。

使ったタイミングでその金額を記録

次はお金を使ったタイミングで記録します。ホイール部分をくるくるして、カテゴリを選択し、金額を入力。

私が現金を使うのは、平日のお昼ご飯と飲み会の時ぐらい。

銀行からおろして財布にいれた金額を記録

現金支出だけを管理するため、本当のお給料や、銀行間のお金の移動は完全に無視。お財布にお金を+した時だけ、収入として記録していきます。

現金で使った金額と内訳がレポート化

以上のステップだけで、使った金額と内訳が簡単にレポート化できます。

円グラフでカテゴリの内訳が簡単にチェックできること。日別の収支を把握できること。

コレさえできれば、私が求める現金管理は十分です。

トータルが財布の金額と常に一致

この運用のいいところは、記録忘れを極力防げること。財布の中身と表示されてる金額があわなければ、絶対に使っているわけですから、最悪使途不明金としてでも支出に計上できます。


財布の中身・現金支出を管理するメリットは リアリティがあるから続けられる ということです。銀行の残高・カードでの支出は既に記録されているものですし、リアリティに欠けるんですよね。しかしこの運用方法なら、常に財布の中身をみる習慣もつきます。


今日から新年度。MoneyTron でお金の管理をはじめてみませんか?


MoneyTron - おこづかい帳
カテゴリ: ファイナンス
販売元: webtron Inc. - webtron Inc.


【関連記事】