読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneアプリ "miil" 私流の使い方!自分の食生活を共有・記録していこう。

iPhoneアプリ "miil" 、ご存知ですか?
「食べ物」写真の共有アプリです。写真共有と言えば "Instagram" が思い浮かびますが、私の場合、食べ物は "miil"・それ以外は "Instagram" と決めて使い分けています。


先日、"miil" でこんなコメントをいただきました。
「いつも撮るのうまいですね(^o^)オススメアプリあれば教えてください」 おはようどん でおなじみ @knk_n くんからです。

嬉しくなったので調子に乗って、今日は私が "miil" へ写真投稿する時に気をつけていること・使っているアプリを紹介したいと思います。

撮影・加工は "Camera+" のみ!このアプリは万能だから買おう。

私がiPhoneで写真を撮る時に使うのは "Camera+" 一択。

まず撮影時には、背景を入れて撮るようにしています。なぜかというと、食べ物をクッキリさせて主役感を出したいから。
あとでアプリを使ってぼかしを加えるという方法もあるのですが、私はしません。写真というのは普通、距離の違いでボケがでますよね?ピントがあってないところがボケる。本来ピントがあっているはずの場所をアプリで無理矢理ぼかすと、不自然な仕上がりになってしまうのです。


次に撮影後には、"Camera+"の最強補正:Food で色味を整えます。それだけ!
Foodは赤系・緑系の色が強くなる補正。部屋のもともとの光によって違いも出ますが、一発でほぼ間違いない仕上がりなのであまり考えずこれだけを使っているんです。


Camera+
カテゴリ: 写真/ビデオ, ソーシャルネットワーキング
販売元: tap tap tap - Inventive, Inc.


"miil" では奥行きも込めて切り取ろう!

さて、次は "miil" への投稿です。

ここで注意していることはたった一つだけ。写真に入れた背景・奥行きを含めた状態で切り取る。ということ。
"miil" に投稿するのは正方形写真なので、"Camera+" で撮影したものを切り取るのですが、その時にせっかく含めた奥行きを切りとってしまっては何の意味もありません。

奥行きがあると、一緒に食べてる人のお皿やお店のメニューが入ったりして、より雰囲気が伝わりますよ。

"miil" のここが嬉しい!

いろんな写真共有サービスを使いたい。けれどいろんな場所に散らばってしまうのは、なんとなく嫌。そんな私のストレスをこの機能が解消してくれました。Facebookアルバムへの同時投稿!!

"Instagram" も最近できるようになったのですが、"miil" の方が先にできていたんですよ。これは嬉しいー。後から一覧したいんですよね、やっぱり。


miil
カテゴリ: 写真/ビデオ, ソーシャルネットワーキング
販売元: FrogApps, Inc. - FrogApps, Inc.


"miil" は毎日必ずある食事の時間をきちんと記録しよう。ちゃんとしたものを食べよう。と思える、「食生活向上アプリ」でもあります。ついつい食事がいい加減になってしまう…という方ははじめると食生活が変わるかもしれませんよ!


【関連記事】