読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dropbox内のテキストをブラウザで編集できる"TextDrop"が超絶便利!!

私は"PlainText"というアプリを使ってiPhoneiPadでカキモノをするんです。ブログの下書きとかね。この"PlainText"、どういうアプリかを簡単に説明すると書いたテキストを勝手にDropboxに同期してくれるエディタ。デザインもシンプルで書くことに集中できます。

ただ、Dropboxをインストールしていないパソコンで作業をするとき、わざわざテキストエディタで書いたメモをDropboxにログインしてアップロードするのって面倒ですよね。さらに、すでにDropbox内にあるテキストを編集することを考えると…。。

しかし!そんな時に使えるサービス見つけちゃいましたよ。すごい。"TextDrop"、本当便利すぎる!!早速詳細をご覧ください。



"TextDrop"はDropbox内のテキストファイルの編集や、新規テキストの保存ができる、ウェブサービスです。ブラウザさえあれば動くというのが最大の特徴。

ブラウザでアクセスして、ログイン(Dropboxの画面に遷移します)してください。
新規で書き始めるのであれば左上のNewから。ここではすでにあるファイルを編集したいので、Openを選択です。すると、Dropboxのフォルダ構成が表示されるので、目的のファイルを選択するだけ。
あとは普通のテキストエディタとして使ってください。シンプルエディタ。保存するにはSaveを。機能としてAutosaveのボタンもありますが、これは短い時間でファイルが何度も何度も更新されるので何となく怖い。。あとちょっと重い気がします。


外出先でどうしても…実家に帰ってる時に…いつもの環境では使わなくっても、知っているときっとどこかで役に立つウェブサービスですよ!


【関連記事】