読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本当の手描き文字が重ねられるアナログデコアプリ"SigNote"

適材適所。時には使うものをプラスするというのも必要な判断です。
これまで使ってきた写真加工アプリにはスタンプ・手描き・美白…iPhoneだけでどこまで出来るんだ!と思えるほどの素晴らしい機能がついていました。
しかし、今日紹介する"SigNote"はiPhoneだけで完結しないアプリにも関わらず、写真カテゴリで大人気なのです。


"SigNote"は紙に書いた手描きの絵や文字を写真に転写するという、「本当に手描きができる」アプリ!iPhoneで手描きするアプリは、線が補正されたりする高機能さが必要でしたが、転写すれば思い通りの線が重ねられるんですよね。

使い方はチュートリアル式。まず写真を読み込みましょう。『背景』というボタンを押すと、ベースになる写真を設置できます。
重ねたい手描き文字や絵を取り込むときは『前景』というボタンから。メモ帳に書いた猫さんを取り込んでみました。取り込む画像は線書きのものでなくてもOK。線を抽出して重ねてくれるので、自分が書いたものでなくても転写できます。さらに転写したものを編集して無駄な線などを消すこともできるんですよ!

また、この『前景』に重ねる画像は"SigNote"を使っているユーザー同士で共有できます。SigNoteクラウドメニューから選択してみましょう。可愛い絵や文字を見つけたら取り込み!SigNoteクラウドで出会った画像は一期一会になってしまう可能性があるので、自分のカメラロールに保存しておくといいでしょう。載せたアイテムをタップするとフロッピーマークが表示されるので、それをタップでカメラロールに入ります。


食べ物ばかりですが、作ってみたのがこちら!

サインペンで書いた手描き文字を重ねてみました。結婚式とかの時にチェキ写真にお祝いコメント入れたりしますよね。それにすごく近い!
もう一枚は名古屋で食べた矢場とんのロースかつ。一緒に頼んだグラスビールの写真を前景に配置して不要な線を削除し、豚さんとロゴのみを残してみました。


このアプリはiPhoneだけで作品を完成させるタイプのものではありません。けれど、紙への手描きという自由度の高いものをうまく取り込んだことで、自分の思う完成に出来るというのがユーザーの心をつかんだのだろうなーと思いました。やっぱりスタイラス持っている人って少ないし、iPhone上に何回も書き直すよりも、紙にささっと書いたものを転写した方が思うように作れるんだよね。いろんな使い方が出来そうです。


【関連記事】