読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの名作を超えた!透過pngを取り込んでスタンプ化できる"Cutout Creator"

ついにこの日がきました。iPhone上での写真デコに革命が起きたのです!
私はたくさんのアプリを組み合わせてコラージュ写真を作るのが好きで、以前にも研究記事を書いています。

この記事でも紹介した、"Juxtaposer"は画像を拡大縮小しながら、マスク処理をしてスタンプを作れるというコラージュにはかかせないアプリでした。しかし、ついに見つけたんです。この"Juxtaposer"と並ぶ、いや抜きさってしまう程のアプリを!

"Cutout Creator"も"Juxtaposer"と同様、画像をマスクしてスタンプを作成するアプリです。
"Juxtaposer"はアプリ内に日本語の説明がなく、また画像作成後にもプロジェクトとして保存されているので、「カメラロールに入って終わり」というカメラアプリの定番から外れているので困惑するんです。
"Cutout Creator"は日本語化されているので、わかりやすいというのがまず第一の特徴。チュートリアル式にふきだしで最初にすべきことを教えてくれます。左から二つ目の「背景」ボタンで背景をカメラロールから取り込みます。(事前に"DecoSama"でデコ済み♪)
次は一番左にある「ギャラリーへ」ボタンを押してください!

すると、アプリ内に保存されたスタンプが表示されます。プリインのものと、自分で作ったもの、両方が貯蓄されていますよ。貼付けたいスタンプを選択すると、背景の上に配置されます。
このアプリの第二の特徴は取り込んだスタンプ自体にエフェクトをかけられること。例えば白フチと影をつけると、よりシールっぽい素材に変わってくれるんですよ。


写真からスタンプを作るにはギャラリー内で「インポート」してみましょう。取り込んだ写真を「切り抜き」するという選択をすれば、編集画面にうつります。

ここではブラシや消しゴム・拡大縮小を使ってスタンプにしたい部分をマスクしていきます。
アプリの第三の特徴がココにもあります!ブラシで塗る以外に、囲みたい箇所のフチをなぞると、囲んだ線の内側の領域が勝手にマスクされるんです。せっせと塗り塗りしなくてよいなんて!

作例とともに、このアプリの最大の特徴を説明させてください。ここまでの説明では写真の一部を切り抜いてスタンプにするという説明をしてきましたが、このアプリは透過pngを取り扱えるアプリなんです。利用可能な透過pngを準備して、カメラロールに入れておけば(Safariで見ている画像なら、長押ししてカメラロールへ保存)ギャラリー内へ「インポート」の時、その透過pngを選択するだけ。
左の作品は写真からスタンプを作成し、スタンプに白フチと影をつけたものを重ねてみました。右の作品は透過pngを取り込んでスタンプ化したもの。もともと透過pngなので、素材が透けていたりしてクオリティが高い!
スタンプ化する時の加工は透過pngに対してもできるので、繋がっている画像素材も個別に分割できます。


作例に利用している透過pngハンコでアソブ さんから使わせていただきました。


最後に特徴をもう一度まとめておきます。

  • UIのローカライズ(日本語化)
  • スタンプにエフェクトをかけることができる
  • スタンプのマスクに役立つ囲みモード
  • 透過pngを取り込める!透過pngを編集できる!


素晴らしい。マスクして作成したスタンプのクオリティは"Juxtaposer"の方がまだ上かもとは思いますが、このアプリもかなり強力。写真デコ生活がまた加速すること間違いなしですよ♪


【関連記事】