読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

撮るだけじゃない!切り抜きからエフェクトまでをこなすオールインワンのカメラアプリ

私のDockにはiPhoneを買った時から純正のカメラアプリが入っていました。
今、私のDockには純正のカメラアプリと入れ替わりで"Camera+​"が入っています。
"Camera+​"はすでに超有名なアプリですが、「撮影するアプリ」という印象が強い気がしているので、今日は改めて撮影後の加工機能について詳しく説明してみたいと思います。有料アプリをまだ一度も買ったことがない人にも有料アプリの高機能さ、魅力が伝われば嬉しいなぁ。


"Camera+​"の特徴のひとつは撮影時に露出とピントを別々に合わせることができるということなんです。難しい事を考えなくても純正アプリと同じように撮影する事も可能ですが、じっくり撮影できる時はそのタイミングで適切な明るさの写真がつくれます。
撮影機能に特徴がある二つのアプリを比較した記事はこちらが参考になります!


さて、早速"Camera+​"の加工機能について紹介させてください。"Camera+​"は撮影したあと、アプリ内のカメラロール「Lightbox」に写真が並んでいきます。

見落としやすい機能1

ここから加工へ進めるんですが、実はこのアプリで撮影した写真でなくても、加工機能を使う事ができるんです。それが画面下のバーにある、ギャラリーボタン。ここから、端末のカメラロールに入った写真を取り込みましょう。


Lightbox」内の写真を触ると、メニューが表示されます。「Edit」ボタンでいよいよ加工画面に遷移です!

まずは、「Scenes」。携帯やコンパクトデジカメにある撮影シーン設定と一緒ですね。写真を加工した事がない!という人も、撮影シーン設定は何気なくしているんじゃないでしょうか。それと同じ感覚で写真の補正が簡単にできます。

  • 「Clarity」は彩度とコントラストが上がって、パキッとした仕上がり。モノの縁取りが強調される。
  • 「Sunset」は明るさと共にやわらかい夕焼けの色味がプラスされる。
  • 「Food」は赤や黄色と緑が強く。ご飯モノもサラダもおいしそうな仕上がり。

「Adjust」では回転と反転。自分撮りをしたときには反転ってすごく使います。(いつも鏡で見てない自分の顔ってやっぱり違和感があるので…)反転させて、鏡で見慣れた自分に。

「Crops」で写真を好きな縦横比に切り取りましょう。私は正方形が大好きなので、「Square」を多用しています。

そして期待の「Effects」は4つのカテゴリーにわかれています。各カテゴリーで9つのエフェクトが入っているので、全36種類。ただし、最後の「I♥Analog」は追加の有料販売カテゴリーです。
すでにエフェクト済みのサムネイルを見ながら、選べるのはわかりやすいですね。
ここではノスタルジックに「'70s」を選択。仕上げに「Borders」で縁取りを選択しましょう。白縁、黒縁、角丸…フィルム・ポラロイド。シンプルで使いやすいデザインがいっぱいです。

見落としやすい機能2

「Effects」は強さの設定が可能です。エフェクトをかけたあとの写真単独の画面でエフェクト名の右側にあるバーのボタンをタップしてみましょう。強さ調整のバーが出現するんです!

気に入った写真ができたら、右上の「Done」をタップで「Lightbox」へ戻ります。

この状態で「Save」を押すと「Lightbox」から消えて、カメラロールへ保存されて終了するんです。

見落としやすい機能3

実はこの「Save」を長押しすると、「Save and Keep」という選択肢が表示されます。一度エフェクトした写真をまた別のエフェクトで加工したい時、「Lightbox」から消えてしまうと、またカメラロールから取り込まなくてはいけないので、不便ですよね?「Keep」しておけば、そこからさらに「Edit」OK!!!


 
 


持っていても、使いこなせていないアプリってありませんか?すでに"Camera+​"を持っている方にも新しい発見をしてもらえたら嬉しく思います。アートな写真、楽しみましょう!


【関連記事】