読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大量のエフェクトが嬉しい!スクエアトイカメラアプリ"qbro"


"qbro"
iPhoneってカメラが楽しめるって聞いたから変えてみました!
今日、女子ふたりで写真デートをしました。最近iPhoneに変えた彼女は写真が大好きで、無料のトイカメラアプリを楽しんでいたのです。やっぱりいきなり有料アプリはハードルが高いよなぁ…そんな気持ちもわかるので、期間限定で無料になっていた"qbro"を紹介してみました。
大量のエフェクトが嬉しい!さらに今後のアップデートでまだまだエフェクトを増やすという予告もしてくれているので、楽しみなアプリですよ♪

撮影モード

アプリを立ち上げると撮影モードです。スクエアの写真が取れるので、ガイドが表示されています。
撮影モードには簡単な設定があって、これが結構便利!画面全体がシャッターになる「ビックボタン」、「タイマー」、構図の役に立つ「ガイド」。さらに!めずらしい機能だけど嬉しい人が多そうな、自分撮りする時の「フロントリバース」。
この機能たちが、人を撮る時に必要最低限な設定なのかも。カメラロールから取り込んで加工することも可能なので、「Load a Photo」のメニューもありますね。

エフェクトモード

写真を加工するエフェクトモード。これもわかりやすい。実際に撮影した写真にエフェクトがかかった状態で画面下に表示されます。これがエフェクトリストなんです!
リストから気に入ったエフェクトをタップすると、プレビュー表示。さらに画面の上にあるバーをタップすると、エフェクトレベルを調整できるバーが出てくるんです。(ここがちょっとわかりにくかったかな…)この状態でフレームも選択出来ますよ。
この大量のエフェクトリスト、自分で編集することが可能です。たくさんありすぎても、探すのが大変だったり、その中で使うエフェクトって決まっていたりしますよね?そういう人のためにあるのが「FilmBag」。ここで、必要ないエフェクトを非表示にすることが出来ちゃうんですよ。

ふたつのギャラリー

このアプリのもうひとつの面白いところは、写真がたまるギャラリーがふたつあるというところなんです。撮影したままの画像がたまる場所と加工した画像がたまる場所。
加工した写真のギャラリーは、どのエフェクトで加工したのかをあとで確認することが出来たり、どのエフェクトを一番使っているのかがわかったりするんですよ!エフェクトサンプルがたくさんたまっていく感覚でなかなか便利だなーと思いました。

作例





機能もエフェクトもじゅうぶん過ぎる"qbro"。機能が豊富なので、ちょっと困惑するところもあるんですが、使いこなすと相当お得なアプリ!無料期間中に試してみてはいかがでしょうか?
※「無料」は期間限定のセール価格です。ご購入の際は価格をご確認の上お願いいたします。


【関連記事】