読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マガジン風表示が美しい!androidのニュースリーダーアプリ"Pulse"

美しい!可愛い!使える!と思えるandroidアプリを絶賛研究中です。
今日はそんなアプリの数々の中から、一押しのニュースリーダーアプリを紹介したいと思います。その名も"Pulse"。このアプリはデザイン・UIが美しい。(iPhoneも使っているので言ってしまうとiPhone的。)
登録したニュースソースの1記事1記事が四角い枠に表示されて、レイアウトされます。また、ニュースソースをカテゴリ分けすることができて、カテゴリ名も自分で設定可能。キャプチャーで説明すると、「NEWS」「SOCIAL」「APP」「HATENA」というのがカテゴリ名です。
ニュースソースの編集画面では、表示順も変更する事ができますよ。ニュースソース名を持ってドラッグすると動いたり、左上の×マークで削除できたり…このあたりが非常にiPhone的。直感的ですね。
"Pulse"がおすすめするニュースソースから取り込んだり、直接検索できたり、GoogleReaderから読み込んだりもできます。個人的にはGoogleReaderのカテゴリ分けをそのまま、"Pulse"のカテゴリ分けに対応させて、完全同期したいと思うのですがそれは出来ない様子。今後に期待です。

記事は画像もさくっと読み込まれて、アプリ内で快適に読む事ができますし、次の記事に遷移するのもスワイプするだけ。ストレスのない操作感!
共有は右下にFacebooktwitter、その他(share)のマークが出ます。Facebookの場合はリード画像とタイトルが表示されるので、自分のコメントを追加して投稿する事ができます。
その他(share)マークでは、タイトルとURLのカタチのテキストが受け取れるアプリケーションが出てきます。"Pulse"アプリからツイッターに直接投稿することもできますが、その他(share)マークを使って、TweetDeckにテキストを渡す事ができるので、試しにやってみました。
androidのshareはいろんなカタチで情報をやり取りできるので、"Pulse"のようにアプリ自体にツイッター連携機能がついていても、上の説明のように、別クライアントから投稿することも可能なんですね。
"Pulse"での既読記事はGoogleReaderにも反映されます。さらに、ハードキーのメニューボタンからGoogleReaderでスターをつける事も可能です。移動中にスマートフォンで気になる記事にスターをつけまくるという私の使い方であれば、機能面でも十分に使えるアプリ!ぜひお試しください♪


"Pulse"並にデザイン面に気を配ったツール系アプリがどんどん増えてくれることを切望!まずは、androidマーケットが見やすくなるのが一番いいんだけどなぁ…


【関連記事】