読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneのカメラはまだまだ面白くなれる!"入門トイカメラ SuperPopCam"

撮る事が楽しい!そんな風に思えるアプリです。
いくつものカメラアプリを購入してきた私ですが、今日はこのアプリでしか写真を撮っていません。エフェクトを固定して撮る・撮ってから加工する。これが今まであったカメラアプリの概念でした。しかし"SuperPopCam"はそこから飛び出してしまったアプリなのです。

撮りながらエフェクトが選べる

"SuperPopCam"を起動すると、即撮影モードです。この状態で、画面をスワイプすると、なんと写りが変わります。被写体を見ながら、エフェクトを選べるんです!
右下の設定マークを押せば、色味だけでなく、トンネル効果や縁、そしてカタチの選択もできるんです。しかも!そこで選んだ状態が、撮影画面に反映されます。スクエアを選択すると撮影する画面でも上下が黒くなり、写る範囲がスクエアになります。
撮る時に完成写真がこんな風に見えるトイカメラってあったでしょうか?正直、アナログトイカメラが好きな私は「わからないからトイカメラ」という気持ちもあるんです。だけれど、完成写真が見える楽しさ。これは想像以上のことでした。

撮ってからエフェクトが選べる

"SuperPopCam"で撮影すると、撮影時に選んだエフェクトで写真が完成します。そしてこの状態でスワイプをした場合でも、なんとエフェクトが変わるんです!!!撮影するときも撮影したあともエフェクトが選べる。これ大発明。
右下の設定も撮影後に変更できちゃいます。スクエアで撮影していても、ここで長方形に戻す事も可能。撮った瞬間の一枚だけでなく、加工を施す毎に保存ボタンを押せば、何枚でも保存OK!

スクエア大好きな私の作例!



※作例の一部で魚眼レンズを使ってます。相性バッチリ!

細かい気配りが美しい!"SuperPopCam"

もう一度撮影する画面で注目したいのが、格子状に薄く入っている線です。これは普通のデジタルカメラでも画面表示を切り替えると出てきたりする線で、水平を確認したり、構図を決めるのに使います。この線の色の薄さが被写体を見ている時に邪魔にならず、スマートだなぁと感じました。また、縁になる部分にも線が入っているのですが、右下の設定ボタンから縁の種類を変えると、撮影画面の線も変わるんです。こういった細かい気配りが撮るときの気持ちよさを作り出してくれているんだと強く感じましたね。
Instagramトイカメラが面白くなった人に次にオススメしたいアプリは間違いなく"SuperPopCam"ですね。ぜひ、撮影する事の面白さを感じてみてください!


【関連記事】