読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマートなホームアプリ!"ADW.Launcher"の基本機能まとめ

Xperiaを持ちはじめてから、androidの記事を少し書くようにしています。(最近頻度が高いですかね。。)iPhoneXperiaの両方を使っていると、iPhoneの洗練され具合が非常によくわかってくるし、androidの自由度の高さに心が躍ったりして、どちらのよい面も見えてくる訳です。まだ自分がメインに使っているのはiPhoneなのですが、それは"TweetList"という最強のツイッタークライアントがあるからと言っても過言ではないかも…ツイッタークライアントは日常的に使うものですし、まさにキラーアプリと言えますよね。

私がandroidを触っていて、キラーになりうるアプリジャンルはiPhoneにはない、"ホームアプリ"なんじゃないかなと思うんです。ホーム画面の配置、デザインがカスタマイズできるというのがこんなに魅力的だったとは。今日はそのホームアプリジャンルの中から、私が愛用している"ADW.Launcher"の基本的な機能を紹介したいと思います。
特にiPhoneユーザーの方に、こんなことができるんだ!というのを知っていただけたらいいなーと思っています。

デスクトッププレビュー・マルチタスク

androidはホーム画面上にウィジェットが配置できます。時計、ツイッターのTL、ニュース…あらゆるジャンルのウィジェットをデスクトップに配置して、その状態で情報を得る事ができるんです。というわけでホーム画面を一覧するための、デスクトッププレビューという機能があります。中央の(Xperia基準ですいません)ハードキーを押すと、デスクトップの各ページがひとつの画面に表示されるんです。そのときの動きがまるでMacのようでカッコイイ…
中央のハードキーを長押ししていると、今立ち上がっているアプリ一覧を見る事ができます。androidマルチタスクですから、これはよく使いますね。

ショートカット・フォルダ・ウィジェット

ホーム画面に配置する、ショートカット・フォルダ・ウィジェットは、他のアプリが最前面に出てない状態で、画面を長押ししすると配置選択メニューが現れます。
特に気に入っているのはフォルダの機能。まず中身が見えないフォルダ!そして白でシンプル。このあたりもデザインで変更できる箇所だとは思うんですが。。とにかく使うんだけど、見せたくないアプリをひとつにまとめておけるという意味で最高なんです!

アプリトレイの整理

トップのリード画像、中央ピンクの三角ボタン。こちらが、アプリトレイを引き出すボタンです。アプリトレイは、Xperiaの標準ホームアプリだと上下にスクロールして、全アプリを見ていくカタチですが、"ADW.Launcher"は横にスクロールできるようになっています。これがしっくり来ているのかも…
このトレイにアプリをどんどんダウンロードして、そのままにしておくと、あとで目的のアプリを探すのが非常に大変になってしまいます。そのため、トレイ内をグループ分けして管理する事ができるんです。今はツイッタークライアントとカメラアプリを集めているので、グループを作っています。

各種設定

ホーム画面やトレイ1ページに、アプリを何個並べるかということまで"ADW.Launcher"の設定で決める事ができちゃいます。ホーム画面にはアプリのアイコンだけを表示して、名前は出さないというような表示のカスタマイズも可能。設定項目が多すぎるので、最初のうちは全然わからないと思うのですが、少しずつ理解しながら設定しているうちに自分仕様になって、端末への愛が深まっていくのです。

まとめ

ウィジェットやアプリトレイのグループ分けという考え方は現状のiPhoneにはまだないです。表示をカスタマイズできるというのもandroid特有。その他細かい設定もiPhoneではできません。整理したりするために、より自分の使いやすい方法を選べるのは本当に魅力的ですよね。ただ、どこまでをカスタムしたいのか、というところが人それぞれ全然違うので難しい…最初から美しいカタチを提案してくるiPhoneと自分の好きなカタチを追求できるandroid。あなたはどちらがお好みですか?
これまでにも何回か"ADW.Launcher"の関連記事を書いているので、よければそちらもご覧ください!